ラーメン店に客が来ない理由 ラーメン店のお客を増やしたい:集客アップ増加と成功のスタイルが見つかるページ:売上経営改善方法と集客アップ集客増加方法 無料情報や格安経営コンサルティング

ラーメン店に客が来ない理由 ラーメン店のお客を増やしたい:集客アップ増加と成功のスタイルが見つかるページ:売上改善方法と集客アップ集客増加方法 無料経営情報や格安経営コンサルティング

なぜ、多くのラーメン店が集客に失敗するのか?

人が集まってこないラーメン店の特徴を、まずお話しましょう。

1.一般人に伝わりにくいこだわりが多い

ラーメンブームのあおりか、材料をはじめ、
店主の持つ「こだわり」を沢山盛り込めばいいと思っているラーメン店は多いです。

しかし、いまやどこも「こだわり」を語るようになってきたため、
一般のお客さん
(ラーメンマニアではなく、普通に食事に来る一般の人=もっとも人数の多い客層)は、
そういったこだわりを正直「ウザい」と感じるようになって来ています。

楽しく食べたい

「ラーメンくらい、気楽に食わせてよ」

というのが、マニアではなく一般的な人の目線であることを忘れてはいけません。
そういう人たちに、伝わらないこだわりは、集客の足を引っ張ります。

2.お客さん集めや、売上を上げようとすることを
「恥ずかしいこと」「みっともないこと」と潜在的に考えている

ラーメン店をされている方は、たいていは料理が好きで、
美味しいものを作って提供することに喜びを感じる人が多いです。

どうしてもそういう人は、
「お金のことを考えるのは、よくない」「商売優先になるのは、恥だ」というような
日本で昔からいわゆるきちんとしたお家で言われてきた価値観が沁みついていることが多いです。

お金について向き合うのは大切なこと

この考え方(メンタルブロック)から、まず解き放たれる必要があります。
考えてみれば分かると思いますが、自分がやっていることを「みっともない」
「恥ずかしい」と考えていると、周りからは不自然でぎこちなく映るものです。
「自分のラーメンを、多くの人に知ってもらえる集客は、意味があることなんだ」と
確信して堂々と集客しているラーメン店と、明らかに差が出るのは明白です。

3.同業者の表面だけをマネする

たとえば、近くの大手チェーンが、午後5時まで餃子無料サービス、としていたら、
お店の体力も客層も違うのに表面的にマネしてみたり、他の人気店がご飯無料に
していたから自分もそうしてみる、という姿勢のことです。

チラッと見てやってみる、みたいな

これはラーメン店だけに限らず、いわゆる個人経営の飲食業の方に多いのですが、
だれか1人がやりだした方策を、そのまんま独自性なく使うということがまま見られます。

こういうことをすると、利益を食いつぶしてしまうだけでなく、お客さんにとっては、他のあの店やこのお店と、あなたのお店と、どれも同じに見えてしまい、あえてあなたのところへ行く理由が無くなってしまいます。また、無料サービスなどにつられてくるお客さんが、リピーターになってくれる確率は統計的にも非常に低いのです。


いかがでしょう?
あなたのお店に当てはまっている部分はありますか?


もし、何かしらあてはまっているなら、この電子書籍を読んで下さい。
無料ですので、具体的にどうするか知りたいあなたのお役に、きっと立てると思います。

無料で集客ノウハウの電子書籍をプレゼントします

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional