ラーメン店経営 経営・売上増集客コンサルティング 格安情報:ラーメン屋の集客アップと成功のスタイルが見つかるページ:経営売上改善方法と集客アップ集客増加方法 無料情報や格安経営コンサルティング

ラーメン店経営 経営・売上増集客コンサルティング 格安情報:ラーメン屋の集客アップと成功のスタイルが見つかるページ:経営売上改善方法と集客アップ集客増加方法 無料情報や格安経営コンサルティング

上手くいかないラーメン店に共通する法則

数多くのケースから明らかになった法則をお教えします。
あなたのラーメン店経営は、いかがでしょうか?
もしどれかにあてはまるなら、こちらの無料電子書籍が役立つと思います。

法則1.お店の「ウリ」が不明確

ある有名ラーメン店主さんが言ってましたが、
「今はマズいラーメンを出すお店はない」と。名言だと思います。

つまり、「どのラーメン屋さんも、一定以上は美味しい」ということ。

もちろんあなたを始め多くのラーメン店が、
一生懸命自分の店の味を磨いているというのは分かります。
しかしその一方で、ある程度同じくらいのレベルの味のラーメンを出すお店は
もうたくさん存在する、ということは認めないといけません。

みんな上手です

プロ野球のチームは、みんな野球が上手い人ばかり。
ラーメンのプロたちの世界も、同じことです。

たとえば、初めてきた人にこれをまずはどうぞ!というメニュー上のウリがあるか?
単身者を相手にしているのか家族連れを相手にしているのか、というターゲット上の「ウリ」があるのか?

・・・など、何がお店の「ウリ」なのかすぐ分からないお店は、つぶれます。

法則2.メニューがあれこれ飛んでいて、あやふやである

先ほどの「ウリ」とある意味共通する点ですが、
不人気なお店は「やたらメニューが多すぎる」ことが多いです。

特に、居酒屋使い的なものを狙ってお酒や一品料理のメニューを
やたら増やしているところは要注意。

どれを食べたらいいのかわからん

「ここはラーメン屋なのか、それとも飲み屋なのか?」

そういう印象を与えてしまうと、確実にお客からは敬遠されます。

法則3.ホームページに「動き」がない

いまどき、ホームページくらいはどのラーメン屋さんも持っていると思います。
「お金がかからないよう、知りあいに安く頼もう」
という感じで作ってもらったところも多いでしょう。

しかし、作ったはいいけれど、それからほったらかし、というお店が多いのです。
これでは意味がありません。つまり、
「店の住所、営業時間、メニュー」が書いてあるだけで、そこから動きが何もない
「無気力HP」はお店の人気をも下げるということ。

止まってるとダメです

大手ラーメンチェーンを例に挙げるまでもなく、
人気があり活気があるラーメン店は、ネットを「動的」につかっています。

「動的」にネットを使いこなす方法は、こちらの無料電子書籍をご覧ください。


法則4.無気力さが伝わっている、華がない

体力勝負で大変なのはわかるのですが、何かしらの「活気」がないお店は敬遠されます。

無気力は伝わるものです

これは別に無理やり愛想良くすべきとか、媚を売りましょうとか可愛い女の子を雇いましょうとか言うのではありません。

目に見えない活気、というのものが伝わらないお店は衰弱するということです。

そのためには、店主やアルバイトさんに共通する「店への思い」がなければいけません。
なんとなく、「旨いラーメンを出すためがんばってますよ」
と、言うだけの姿勢では、失敗します。

いかがでしょうか?


もし、上記4つの法則のどれかにあなたのお店が少しでも当てはまるなら、
こちらの無料電子書籍を参考にしてみて下さい。

集客の具体的な改善方法とスキルを、無料で読んでいただけます。

無料で集客ノウハウの電子書籍をプレゼントします

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional